年金を最大42%多くもらえる裏ワザ教えます!!

 

 

年金を受け取るのを5年遅らせると受給額がどんどん上昇する

 

65歳からもらう老齢厚生年金と、老齢基礎年金は、年金をもらう時を遅らせることで、遅らせた分だけ年金が増えていくってご存知でしたか?

 

これは1ヶ月遅らせるごとに0.7%ずつ年金が増えていきます。

 

ただし遅らせる事は65歳から70歳までの5年間分(60ヶ月間)が最大になります。

 

つまりなんと、0.7%×60ヶ月=42%まで年金を増やす事ができてしまうのです。

 

ただしこれは、66歳以上に達した人だけが対象となっておりその基準に達した人だけが年金を増やす事が出来る事に注意してください。

 

つまり65歳以降1ヶ月ずつ年金もらうのを遅らせるごとに年金が0.7%ずつ増えるわけですが、最低条件としてはまずは66歳以上にならないと増えた分の年金を受給出来ないという決まりがあります。

 

ここでざっくりですが65歳から年金をもらう場合と70歳からもらう場合で一体どのくらい受給年金額に差が出るのか、
計算してみますね。

 

 

65歳から通常通り年金をもらう場合。

(1)65歳の時点での老齢厚生年金額1,000,000円。
(2)65歳の時点の老齢基礎年金額780,100円(平成27年度の老齢基礎年金満額)
(1)+(2)=1,780,100円

 

 

しかし70歳まで年金をもらわずに繰下げたとなるとなんと

(1)老齢厚生年金1,000,000円×142%=1,420,000円
(2)老齢基礎年金780,100×142%=1,107,742円
(1)+(2)=2,527,742円

 

65歳からもらうよりもなんと747,642万円(2,527,742円-1,789,100円)も増えました。

 

たった5年間、年金をもらわなかっただけで、こんなに年金が増えてしまうのは驚きですね。

 

とは言っても年金を繰下げしてる期間中は年金が支給されないので、ある程度老後の経済状況に余裕があるとか、まだ働いて稼いでいる、長生きしようという意欲満々の人にオススメの方法かもしれませんね。